「 背筋トレーニングの種類 」についての質問と回答 - 筋トレやボクシングの疑問、悩みを解決!
スポンサーリンク

< 大手ジムと中小ジムのメリット・デメリット | ---- | 安い・うまい・よく効くプロテイン? >

背筋トレーニングの種類

質問者:tarashiさん

普通、背筋といえばマットのうえにうつぶせになって顔を下げ、腕を頭の近くから体の後ろに引きながら上げるものですが、自分が背筋をやっていたときにそのやりかたでは腰を痛めるからといって、フィジカルトレーナーの方が大きなボールに乗って行う背筋を教えてくれたのですが、いまいち背筋が鍛えられてる気がしません。余談ですが、昔ゲームばかりやっていたせいで自分は背筋が固く、その結果みぞおちがへこんでしまっています・・・。多分やりかたが悪いのでしょうが、教えてもらってから、忙しいせいかフィジカルトレーナーさんはジムにきてくれないのでなおしようがありません。なにかほかに背筋を鍛えるトレーニングはありますか?

解答者:翔さん

トレーナーの方の指導は正解です。
床に寝て、体を上げるバックエクステンションと呼ばれる背筋は、腰を痛める原因になりますからね。負荷が欲しいのなら、角が有り高さがある程度ある場所 学校の体育館のステージみたいな所で上半身を下まで下げて行う背筋が効果を発揮します。猫背の改善としては、正しい姿勢を意識するほかに背中を鍛えるといいでしょう。背筋と懸垂をしてみてくださし

器具がある場合、背中を作り上げる方法として
(1)ベットオーバーロウイング×3セット
1セット目⇒アップ 8回
2セット目⇒8回〜10回*肩幅よりも狭く
3セット目⇒+2、5キロ×5回〜7回*逆手で

(2)チンニング*できない場合 ラットプルダウンでもいいです×4セット
1セット目⇒逆手で、爆発的に上げて、ゆっくり下ろす
2セット目⇒広い手幅で、限界回数 反動を使わずに
3セット目⇒肩幅程度で逆手で握り、高速で引いて、1秒停止 下ろす
4セット目⇒広い手幅で、限界回数 反動を使って回数を稼いでもいい

(3)ワンハンドロウ×2セット
1セット目⇒8回〜10回
2セット目⇒軽くして、8回〜10回

(4)デッドリフト×3セット
1セット目⇒10回
2セット目⇒更に重たくして、5回
3セット目⇒6回〜8回できる最高重量で

こんな感じのメニューを行えば、背中は眼に見えて発達すると思います。

追加回答

背筋は大切だよ!

投稿者 あんでぃ さん : 2009年09月17日 16:30
▼調べたいことをカテゴリから探すことができます▼

 

質問掲示板
ピックアップサイト

スポンサーリンク


よくある質問

相互リンク

リンク集理学療法士

美容と健康プロテインとトレーニング

無料音楽PV注文住宅

通信制高校パーソナルトレーニング

ホーム > レベルアップQ&A > 背筋トレーニングの種類
since 2001.6.14 --last updated